無料法律相談とは

無料法律相談のイロハがわかるサイト

無料法律相談について

選挙、労働、冠婚葬祭に至るまで、法は私たちの生活に深く関係しています。
総理大臣が辞任した後の衆議院解散から選挙までの流れは憲法で、すべて規定されています。
36協定と呼ばれる協定に加盟していない会社は、社員を残業させることはできませんし、36協定に加盟していても、残業をさせれば残業代として割増料金を支払わなければなりません。
残業の定義も労働基準法という法律に定義されています。
労働基準法は民法の一般法です。
犯罪や事件にかかわれば、刑法や刑事訴訟法、民事訴訟法に基づいて訴訟を起こしたり、裁かれたりします。

このように生活に深いかかわりのある法律ですが、法について詳しく知っている人はごく少数です。
法と法律の違いを明確に答えられるのは、少しでも法について勉強したことのある方だけです。
ですが、あらゆる場面で法は私たちに適用され、知識がないばかりに悩まされたり、損をしたりしてしまいます。

そんなときに頼りになるのが、無料法律相談です。
法の専門家である弁護士の方々に、無料で悩みを相談できるもので、近年では多くの法律事務所で、相談料・着手金無料のサービスが導入されるようになりました。
相談料と着手金が無料になれば、訴訟にならないような一般的な事例なら弁護士の方に支払うのは成功報酬のみになったりします。
過払い金の請求では、戻ってきたお金の一部を支払うことになるので必ず得をするということになります。
このサイトではそんな無料法律相談について簡単にまとめています。

TOPへ戻る